MENU

グリシンの睡眠サプリで寝つきが良くなる!睡眠と驚きの関係とは?

 

グリシンはホタテやエビ、肉類や豆類など幅広い食品に含まれています。さらに体内で合成できることから、不足しづらいと思われがちですが、睡眠に悩みを抱えている場合は積極的に摂取していくことをおススメします。

 

グリシンを摂取することで自然な寝付きを促し、美肌効果で肌のツヤと弾力をキープして肌トラブルを改善してくれる効果も期待できます。良いことづくしのグリシンと睡眠関係についてみていきましょう。

 

 

グリシンのサプリはどれを選べばいい?おすすめはコレ!

 

グリシンは非必須アミノ酸の一種で、寝る前に身体の深部体温を下げて寝つきを良くしたり、睡眠の質を上げてくれると報告されています。

>>スムーズな入眠を促して睡眠の質を高める

 

寝つきが悪かったり慢性的な不眠で悩んでいる方は、グリシンが不足しているもかもしれません。グリシンは体内で合成することができますが、食品から補うこともできます。でも実際のところ、グリシンは多くのタンパク質に含まれているものの、毎日バランスの良い食事を心がけるのは難しいですよね。そこで、グリシンのサプリメントでの摂取を考えてみてはどうでしょうか?

 

【グリシンのサプリ選び方基準】
・グリシンが含まれているかどうか
・睡眠をサポートしてくれるリラックス成分も含まれているかどうか
・睡眠を司るメラトニンの材料であるトリプトファンも含まれているかどうか
・続けやすい価格帯であるかどうか

 

グリシンは就寝前の深部体温を下げて入眠を促してくれますが、他にも睡眠前に副交感神経を優位にするリラックス成分や、睡眠ホルモンの原料であるトリプトファンが配合されているサプリを選ぶとより効果が期待できます。

 

トリプトファンもアミノ酸であることから、睡眠には良質なアミノ酸が欠かせません。夕食で肉や魚を食べてグリシンを摂取すると、消化活動のため睡眠が浅くなり逆効果です。グリシンサプリを就寝前に摂ることによって胃腸の負担なく、深部体温を下げることができます。

 

下記におススメのグリシンのサプリを比較しているので参考にしてください。

 

 

 

マインドガードDX粒タイプの特徴

マインドガードDX粒タイプは奇跡のフルーツと言われている栄豊豊富なノニに、睡眠をサポートしてくれるクワンソウやレスベラトロール、ギャバなどの成分をギュっと詰め込んだ睡眠サプリです。 質の高い睡眠に欠かせないセロトニンの原料になる栄養素をしっかりと摂取することができます。ぐっすり眠ることができると、翌朝の疲労感が全然違いますよ!男女問わず、幅広い年齢の方に人気の睡眠サプリです。

価格 初回2個で60%オフ 1ヶ月9,075円 ⇒ 3,670円
評価 評価5
備考 奇跡のハーブのノニとグリシン配合でで睡眠に必要なアミノ酸・ビタミン・ミネラルが手軽に摂取できる
 

リラクミンナイトの特徴

不足しがちな栄養素をバランス良く補充し、穏やかな睡眠をサポートしてくれます。 リラクミンナイトはグリシンを主成分とする睡眠サプリです。グリシンで体温調整をスムーズに行い、自然と眠りにつけるようにサポートしてくれます。眠り草と言われているクワンソウや抗ストレス成分のGABA、メラトニンの原料となるトリプトファンがバランスよく配合されており、相互に作用しあって相乗効果で睡眠の質を高めてくれます。日本人の胃腸で消化・吸収しやすいように作られています。

価格 定期コース 初回20%オフ!3,900円 ⇒ 3,120円
評価 評価4.5
備考 続けやすい価格帯でありながら、グリシンをはじめギャバやトリプトファンをバランス良く摂取できます。
 

グッドナイト27000の特徴

グッドナイト27000はその名前のとおり、睡眠をサポートしてくれる成分が27,000mgも配合されています。睡眠のために体内体温を調整してくれる効果のあるグリシンや、リラックス効果のラクティウムやテアニン、GABA、トリプトファン等がバランスよく配合されスムーズな入眠をサポートしてくれます。27,000mg全ての成分の配合量が明記してある安心の睡眠サプリです。

価格 定期コース 初回限定!6,480円 ⇒ 1,069円
評価 評価4.5
備考 2016年モンドセレクション金賞受賞、さらに機能性表示食品で抜群の高品質!
※こちらで紹介してるサプリは、あくまでも休息をサポートする健康食品であり、睡眠の薬ではないので、薬事効果が認められているものではありません。

 

飲むタイミング

就寝の30~1時間前の摂取がおススメです。

 

グリシンとは?

 

グリシンはタンパク質を構成する非必須アミノ酸の一種です。食事から摂取するほか、体内でも合成することができます。タンパク質の中でもコラーゲンの1/3を占めることから、肌のハリと弾力を保ち美肌の為に無くてはならない成分です。ギリシャ語で甘いを意味する「glykys」から名付けられていることもあって、舐めるとほんのり甘いのが特徴です。

 

pH調整作用や細菌の発生を抑える静菌作用もあるため、コンビニ弁当やおにぎりに利用されています。この場合の表示名は「アミノ酸等」や「pH調整剤」と書かれます。

 

防腐剤と表示されていると身体に悪そうですが、アミノ酸だとなんとなく良さそうですよね。食品添加物としての使用に特に制限がないため、このような味の調整や日持ちをよくするために使用されています。

 

グリシンがほんのりと甘いことから、調味料としても利用されています。例えば、古米とグリシンを一緒に炊くと新米のような甘みをもつ米が炊き上がります。水分が逃げにくくデンプンが硬化しにくくなるため、米がパサパサにならず美味しさをキープすることができます。

 

中枢神経としてGABAと共に、抑制系の神経伝達物質としての機能もあります。GABAが中枢神経全体で広く作用するのに対し、グリシンは脳幹と脊髄で機能しています。

 

睡眠改善にも!グリシンの知られざる3つの効果

 

スムーズな入眠を促して睡眠の質を高める

 

グリシンはもともと睡眠への効果は考えられていませんでした。違う実験から偶然にも「グリシンを摂取すると睡眠の質が高まる」ことが発見されています。

 

私達の体温はいつも一定ではなく、24時間周期で変化しています。起きて活動しているときは体温が高く、眠りに入ろうとすると自然と体温が下がるようになっています。

 

就寝前にリラックスを司る副交感神経の活動が高まってくると、手足の末梢血管が広がって皮膚から放熱が始まります。放熱されて手足が温かくなると、体の内部の温度が下がっていきます。体の深部体温が下がることによって、眠りに入りやすくなります。逆に寝付きが悪い人はこの体温の低下がうまく機能していません。

 

グリシンには抹消血流量を増加させ、手足から放熱させて深部体温の低下を促す働きがあります。深部体温が低下することによってノンレム睡眠の中でも特に睡眠の深い徐波睡眠に到達するまでの時間が短縮され、途中で目が覚める回数が減って睡眠の質を高めてくれる効果があります。

 

就寝2時間前に3,000mgのグリシンを含む食事を摂取したところ、深部体温の低下がヒトで確認されています。ラットでの実験では睡眠妨害条件下であるにも関わらず、グリシンの摂取後にデルタ波(深い睡眠時に現れる脳波)が増加し、深い睡眠が確認されています。

 

【参考】日本睡眠学会の発表(味の素)

 

これらの効果を期待して、グリシンを主成分とした睡眠サプリメントが多数販売されています。

 

美肌効果

 

グリシンは皮膚のコラーゲンを生成するアミノ酸の約1/3を占めています。コラーゲンは肌の真皮層を占める大切な成分であり、肌の弾力とハリを支えています。グリシンを摂取すると肌のバリア機能が高まり、紫外線や乾燥などの外的ダメージを防ぐことができます。

 

天然の保湿成分(NMF)の約40%はグリシンをはじめとするアミノ酸です。肌の潤いもアミノ酸が重要な役割を果たしています。

 

グリシンは睡眠の質を高めてくれるので、成長ホルモンの分泌量が増えます。成長ホルモンは傷ついた皮膚や筋肉を修復してくれるので、肌を美しくキープすることができます。ニキビや肌荒れなどの肌トラブルにも効果が期待できます。

 

肝機能のサポート

 

グリシンはアルコール代謝を促進し、アセトアルデヒドを解毒して肝機能を正常に保ってくれています。アルコールの他にもトルエンや安息香酸はグリシンと結合することによって体外に排出されます。

 

 

グリシンが豊富に含まれる食べ物は?

 

【100g当たりのグリシン含有量】

かつおぶし 3,400mg
マグロ 1,100mg
ほたて 1,700mg
うに 2,000mg
牛肉 1,500mg
豚肉 1,100mg~1,500mg
鶏肉 1,100~1,200mg
納豆 680mg
枝豆 510mg
ごま 1,100mg
ピーナッツ 1,300mg
高野豆腐 2,300mg

 

グリシンは動物性タンパク質に多く含まれているので、肉類や魚類に多く含まれていますね。栄養バランスの良い食事を摂っている場合、1日に3~5g程度のグリシンを摂取できると言われています。

 

睡眠の改善が期待できるのは実験データから3,000mg以上の摂取が推奨されます。寝る前にお腹いっぱい食べてしまうと胃腸を休ませることができないので、快眠とは逆効果になってしまいます。食事からグリシンを摂取する場合は就寝の2~3時間前までにすませましょう。

 

グリシンの毒性と副作用について

 

ラットによる実験では、体重1kg当たり3,340mg以上のグリシンの経口摂取で急性中毒症状が出ると報告されています。単純な比較はできませんが、ヒトで換算すると60kgで約200gのグリシンを摂取する場合に起こることになります。グリシンが多く含まれているかつおぶしを6kgも食べることになるので、まずあり得ないと言っていいでしょう。

 

グリシンはもともと体内で作られるアミノ酸です。身体の中にいつでも存在しているのでグリシン自体に毒性や副作用はありません。食品衛生法(第11条 第3項)でも「人の健康を損なうおそれがないことが明らかなもの」として厚生労働大臣が定める物質に指定されています。仮に剰摂取したとしても、タンパク質の代謝に利用され体内に蓄積されることはないとされています。

 

 

グリシンは睡眠の質を改善するだけでなく、日中の作業効率の改善や集中力UPにも効果があると言われています。美肌にもいいので積極的に摂取していきたいですね!


 

 

目的別おすすめ睡眠サプリ【選び方】


睡眠の質を高めたい

寝付きが悪い

疲れが抜けない

>>クリック

>>クリック

>>クリック

安心のハーブ由来

手頃でコスパがいい

女性に優しい成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック