MENU

【知らないと危険!】ネオデイの副作用と効果について徹底解説!


ネオデイは大正製薬から販売されている睡眠改善薬です。市販されている薬なので医師の処方箋が不要で、誰でも薬局で購入することができます。大手製薬会社が製造・販売しているので安心できますよね。医師の診断も必要ありません。

ドラッグストアやネット販売で手軽に購入することができるネオデイですが、薬である以上は副作用などの危険がある点を忘れてはいけません。ここではネオデイの副作用や効果、睡眠薬の違いなどについてご紹介しています。


ネオデイと睡眠薬は全く別のもの?


ネオデイは大正製薬から販売されている睡眠改善薬です。指定第2類医薬品に分類されており、ドラッグストアやアマゾンなどのネットショップで市販されています。日本人の5人に1人が何かしらの不眠で悩んでいると言われており、大きなドラッグストアでは睡眠改善薬のコーナーが設置されています。

手軽に入手できるネオデイですが、病院で処方される睡眠薬とは全く違うものです。痛み止めなど他の薬と一緒で、市販されているものは効果が弱く、成分や効き目、作用機序などが全く異なります。ネオデイは一時的に眠れない場合にのみ有効な睡眠改善薬です。

睡眠薬と睡眠改善薬は名前が似ているので勘違いしている人が多いのですが、ネオデイは不眠症に効果がありません。添付文書にも「不眠症の診断を受けた人」は服用しないでくださいと記載されています。不眠症の場合は、医師の処方が必要な睡眠薬が有効となります。

じゃあネオデイはどんな症状に効くの?

ネオデイと医師の処方が必要な睡眠薬の違いを表にしてまとめてみました。

ネオデイ 医師の処方が必要な睡眠薬
(BZD・非BZD系)
マイスリー・レンドルミン等
作用機序 覚醒物質ヒスタミンの作用をブロックして眠気を促す 抑制系の脳内神経物質GABAの作用を強めて眠気を誘発する
適している症状 緊張などのストレスや不規則な生活による一時的な不眠 入眠障害や中途覚醒、早期覚醒などの慢性的な不眠
主成分 ジフェンヒドラミン塩酸塩 薬によって異なる
形状 フィルムコーティング錠 主に錠剤
耐性 形成される 形成される
依存性 なし あり

ネオデイは抗ヒスタミン薬に分類され、覚醒物質であるヒスタミンの作用をブロックして脳の活動を抑えます。脳の活動が抑えられることによって眠気を促す仕組みです。一般的な睡眠薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠薬は抑制系の神経伝達物質ギャバの作用を強め、脳の活動を抑えて眠気を誘発します。

ネオデイとベンゾジアゼピン系の睡眠薬は脳の興奮状態を鎮める効果は同じですが、作用機序や主成分、睡眠作用の強さや適している不眠の症状、耐性、副作用など全てが異なっています。

ネオデイは不眠症に意味がない?

ネオデイの効能は多忙な日々のストレスなどが原因の、寝つきが悪い・眠りが浅いなどの一時的な不眠な緩和です。旅行や出張でいつもと睡眠環境が違って寝付けない、翌日のプレゼンで緊張して寝付けない、次の日の行事が楽しみで興奮して眠れない等の一時的な不眠に対して効果が期待できます。

一時的ではなく、週に2~3回が3ヶ月以上続くようであれば慢性的な不眠症になります。ネオデイは慢性的な不眠には効果がありません。この場合は睡眠外来やメンタルクリニック、内科などで医師の診断を受ける方が良いでしょう。

ネオデイとは?


ネオデイは1箱あたり12錠入り(6日分)と6錠入り(3日分)があります。メーカー希望小売価格は税抜きで12錠が1,600円、6錠が839円です。すぐに耐性ができることと、体質にもよるので最初は6錠入りで試してみることをお勧めします。アマゾンなどのネット販売で700円前後で購入できます。1日当たり230円程度となります。

12錠入りの場合は1,000円前後で購入できるので、1日あたり約160円程度となります。12錠入りの方が割安ですね。ドラッグストアの場合は6錠入りが置いている店舗が少なく、12錠入りが一般的のようです。

ネオデイはドリエルと一緒?

ネオデイの主成分はジフェンヒドラミン塩酸塩です。このジフェンヒドラミン塩酸塩は日本で最初に販売された睡眠改善薬「ドリエル」の主成分と同じです。ドリエルが爆発的にヒットしたことから、他の製薬会社もこぞってジフェンヒドラミン塩酸塩が主成分の睡眠改善薬を販売しており、ネオデイもそのうちの1つです。ネオデイはドリエルのジェネリック医薬品のような位置づけです。

ドリエルも1箱12錠入りで6日分なので、内容量も一緒ですね。ただし、値段はドリエルの方が高くなります。メーカー希望小売価格は税抜きで12錠が1,600円、実際は1,500円前後で購入できるので1日当たり約250円ほどになります。

>>ドリエルの詳細はこちら

ネオデイの成分・分量

2錠・1回分
ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg
添加物として、乳糖・ヒドロキシプロピルセルロース・無水ケイ酸・クロスカルメロースNa・ステアリン酸Mg・ヒプロメロース・白糖・酸化チタン・カルナウバロウを含有

ジフェンヒドラミン塩酸塩の働きは?

ジフェンヒドラミン塩酸塩はヒスタミンの働きを抑制することから、ネオデイは抗ヒスタミン薬に分類されています。ヒスタミンは鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こすと同時に、脳内では脳の覚醒維持に働いている興奮性神経伝達物質です。ジフェンヒドラミン塩酸塩の作用と特徴は以下になります。

・ 花粉症などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑制して、鼻水や皮膚のかゆみを軽減させる
・ ヒスタミン受容体をブロックし、脳の中枢神経の活動を抑えて眠気を誘発する

風邪薬を飲んで眠くなったり、ボーっとした経験はありませんか?それはジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用によるものです。ジフェンヒドラミン塩酸塩はアレルギー反応を抑えてくれますが、同時に眠気を誘発してしまいます。風邪薬の添付文書には「服用後は乗り物の運転や機械の操作をしないように」と記載されています。

この眠くなる副作用を利用して開発された薬がネオデイやドリエルなどの「睡眠改善薬」です。睡眠薬のように眠気を促す作用が主成分ではなく、副作用を応用したものなので、眠くなる効き目が弱いことが特徴です。強い催眠作用は期待できません。

ネオデイの副作用は?


花粉症や風邪薬と成分が同じなので、副作用も似たような症状があります。鼻水を止めてくれるけど口も渇いてしまう、頭がボーっとして眠くなる症状などです。他にも皮膚のかゆみや発疹、食欲不振や吐き気、胃痛、めまいや昼間の眠気、判断力の低下、動悸や排尿困難、下痢などの副作用が現れる場合があります。

アルコールと一緒に服用すると薬の効果が強くなりすぎたり、副作用が強く出る場合があるので絶対に避けてください。薬を飲む日はアルコールを控えましょう。症状が良くならない、副作用が現れた場合は直ちに薬の服用を中止し、医師や薬剤師、登録販売者に相談してください。

ネオデイを飲み続けるとすぐに耐性ができる

耐性についての副作用も気を付けなくてはいけません。ネオデイをはじめとする抗ヒスタミン薬は、眠気の耐性がすぐに形成されます。(アレルギーについての耐性は形成されません。)連続して服用することは避けましょう。人によっては1日で耐性ができてしまうケースもあります。耐性が形成されると薬の効き目が弱くなったり、全く効果が現れなくなります。アルコールを毎日飲んでいると、同じ量のお酒で酔えなくなるのと一緒です。

2日目からもう効果がなくなるの?

個人差がありますが、初日で耐性ができる人もいるそうです。そのため、ネオデイの添付文書には「2~3回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止してください」と記載されています。一時的な不眠が改善されないばかりではなく、副作用だけが発生する場合もあるので耐性には十分に気を付けてください。

耐性ができた後にネオデイを飲んでも不眠症状は改善されません。ネオデイが有効なのは耐性が形成される前までです。不眠が改善されないばかりか、副作用のリスクだけが残るので服用する意味がありません。2~3日飲んでも効果がなければ直ちに服用をやめましょう。

ネオデイに依存はないの?


睡眠薬を飲み始めると、薬がないと眠れなくなるイメージがありませんか?病院で処方してもらうベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤や睡眠薬は向精神薬(麻薬や覚せい剤と同じ分類)や習慣性医薬品(精神的依存を生じる恐れがある医薬品)に指定されていいます。肉体的にも精神的にも依存性があり、薬を止める場合には重い離脱症状が起きるケースがあります。

しかし、ネオデイは一般的な睡眠薬と効き目が違うので依存性はありません。連続して服用すると耐性ができて効かなくなりますが、精神的・肉体的に依存しきって断薬できなくなることはありません。薬を止めようとすると精神のバランスが崩れたり、動悸や抑うつなどの離脱症状もありません。花粉症や風邪薬が止められなくなって苦しんでいる人がいないのと同じです。

ネオデイの値段は1日当たり250円で、意外と高い!


ネオデイはストレスなどが原因の、一時的な不眠による寝つきの悪さ・眠りの浅さの症状を緩和してくれる一般医薬品の睡眠改善薬です。翌日に大事な仕事があったり、試験などで緊張してなかなか寝付きが悪い場合は効果を発揮してくれますが、慢性的な不眠には向いていません。

花粉症などの薬の眠くなる副作用を応用した薬なので、睡眠薬と違って催眠作用がとても弱く、効果を体感できない人も多いと言われています。せっかく購入しても効き目がないとショックですよね。

しかも値段が1日あたり250円と決して安くはない値段です。医薬品なので、効き目がなかったからとネットオークションで売ることもできません。

不眠で苦しんでいる場合は、脳の中枢神経に作用してくれる睡眠薬が有効ですが、睡眠外来やメンタルクリニックで受診するのはちょっと抵抗があるかもしれません。依存などの副作用も怖いですよね。催眠作用が強くなればなるほど、副作用も強くなります。

そこで、薬の力に頼らずに眠れるようになるために副作用などの危険性がない睡眠サプリを試してみてはいかがでしょうか?

睡眠サプリはどんなもの?

睡眠サプリには睡眠をサポートしてくれる成分が豊富に含まれています。その一例をご紹介します。

・古くからヨーロッパで使用され、今でも医薬品として認められている安眠効果の高いメディカルハーブ
・睡眠ホルモン「メラトニン」を作ってくれる必須アミノ酸のトリプトファン
・睡眠の質を高めてくれるグリシン
・リラックス成分のテアニンやラクティウム
・抗ストレス成分のギャバ

睡眠サプリは崩れてしまった身体のバランスを整え、眠りにつきやすい体質に改善していくものです。薬のように局所的に作用するのではなく、穏やかに作用して食べ物の力で自らの眠る力をサポートしてくれます。

多種多様な睡眠サプリの中で、あなたの不眠に合うものが見つかるはずです。寝つきを良くしたい・ハーブ由来の成分がいい・睡眠の質を高めたいなど、目的や不眠の悩みに合った睡眠サプリを試してみてはいかがでしょうか?

価格帯も1日100円を切るものから300円程度まで幅広く選ぶことができます。下記に目的別のサプリメントをご紹介しているので、参考にしてくださいね。薬の力で無理に眠るのではなく、自分の力で自然と眠れるようになっていきましょう。


 

ネオデイは風邪薬の副作用を利用したものなので、風邪薬を飲んでも眠くならない人には効果が期待できません。過去に風邪薬を飲んで、どんな症状になったのか思い出してから購入してくださいね。


目的別おすすめ睡眠サプリ【選び方】


睡眠の質を高めたい

寝付きが悪い

疲れが抜けない

>>クリック

>>クリック

>>クリック

安心のハーブ由来

手頃でコスパがいい

女性に優しい成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック