MENU

【知らないと危険!】リポスミンの副作用と効果について徹底解説!



リポスミンは皇漢堂製薬から販売されている睡眠改善薬です。市販されている薬なので医師の処方箋が不要で、誰でも薬局で購入することができます。眠れなくてしんどいけれど、病院に行くほどでもない場合はすぐ手に入るので良いですよね。ネット通販のお店で購入することもできます。

医師の診断なしに手軽に購入することができるリポスミンですが、薬である以上は副作用などの危険がある点を忘れてはいけません。ここではリポスミンの副作用や効果、睡眠薬の違いなどについてご紹介しています。


リポスミンと睡眠薬は全く別のもの?



リポスミンは薬王製薬から販売されている睡眠改善薬です。指定第2類医薬品に分類されており、薬局やドラッグストアで市販されています。日本人の5人に1人が何かしらの不眠で悩んでいると言われています。その背景から、最近のドラッグストアでは睡眠改善薬専用のコーナーを見る機会が増えました。

頭痛薬や他の薬と同じで、睡眠改善薬と病院で処方される睡眠薬・睡眠導入剤は全く違うものです。処方される睡眠薬の方が睡眠作用が強く、配合されている成分や薬が効いている時間なども全く異なります。慢性的な不眠で悩んでいる場合、リポスミンを飲んでも効果がありません。この場合は処方箋医薬品の睡眠薬が有効となります。

じゃあリポスミンはどんな症状に効くの?

リポスミンと医師の処方が必要な睡眠薬の違いを表にしてまとめてみました。

リポスミン 医師の処方が必要な睡眠薬
(BZD・非BZD系)
マイスリー・レンドルミン等
作用機序 覚醒物質ヒスタミンの作用をブロックして眠気を促す 抑制系の脳内神経物質GABAの作用を強めて眠気を誘発する
適している症状 緊張などのストレスや不規則な生活による一時的な不眠 入眠障害や中途覚醒、早期覚醒などの慢性的な不眠
主成分 ジフェンヒドラミン塩酸塩 薬によって異なる
形状 フィルムコーティング錠 主に錠剤
耐性 形成される 形成される
依存性 なし あり

リポスミンは抗ヒスタミン薬に分類され、覚醒物質ヒスタミンの作用をブロックして、脳の活動を抑えて眠気を促します。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は抑制系の神経伝達物質GABAの作用を強めて脳の興奮状態を鎮めてリラックスさせ、睡眠に入りやすくします。この作用機序だけでなく、主成分や適している不眠の症状、睡眠作用の強さなどリポスミンと睡眠薬では全てが異なります。

リポスミンは慢性的な不眠症に意味がない

リポスミンの効能はストレスや精神的不安・緊張などで寝つきが悪い、眠りが浅いなどの一時的な不眠症の緩和です。過度なストレスや精神的不安などによる慢性的な不眠には適していません。添付文書にも「不眠症の診断を受けた人」は服用しないよう記載してあります。

一時的な不眠ではなく、ずっと続いている慢性的な不眠症で悩んでいる場合は睡眠外来などを受診する方が良いでしょう。

リポスミンとは?


リポスミンは1箱あたり12錠入り、1日に2錠で6日分入っています。メーカー希望小売価格は税抜きで1,900円ですが、実際のところ薬局で1,200円程度で購入することができます。ネットショップでは500円程度のお店もありますが、送料を入れると1,000円を超えてしまいます。1日あたり約200円となります。

服用後約30分~1時間で効き始め、持続効果は約6時間です。ですので、寝つきが悪い場合は、寝る1時間前に服用すると良いでしょう。

リポスミンはドリエルと一緒?

リポスミンの主成分はジフェンヒドラミン塩酸塩です。このジフェンヒドラミン塩酸塩は日本で最初に販売され、未だに抜群のブランド力と売上げを誇る「ドリエル」の主成分でもあります。他の市販の睡眠改善薬も、ジフェンヒドラミン塩酸塩が主成分のものが多いです。

このドリエルのヒットを追うように、多くの製薬会社がジフェンヒドラミン塩酸塩が主成分の睡眠改善薬を販売しています。リポスミンもそのうちの1つです。ドリエルも1箱あたり12錠入りなので、内容量もリポスミンと一緒ですね。リポスミンはドリエルのジェネリック医薬品のような位置づけです。

>>ドリエルの詳細はこちら

リポスミンの成分・分量


2錠・1回分
ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg
添加物として、セルロース,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースナトリウム,ヒプロメロース,酸化チタン,マクロゴール,カルナウバロウ,ステアリン酸マグネシウムを含有

ジフェンヒドラミン塩酸塩の働きは?

ジフェンヒドラミン塩酸塩はヒスタミンの働きを抑制することから、リポスミンは抗ヒスタミン薬に分類されています。ヒスタミンはくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こすと同時に、脳内では脳の覚醒維持に働いています。ジフェンヒドラミン塩酸塩の作用と特徴は以下になります。

・ かゆみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑制して、鼻水や皮膚のかゆみを軽減させる
・ ヒスタミン受容体をブロックして脳の中枢神経の活動が抑え、眠気をもたらす
 
ジフェンヒドラミン塩酸塩は総合感冒薬(かぜ薬)や鼻炎薬、アレルギーの薬にも含まれる成分です。言われてみれば服用後に眠くなる場合がありますよね。服用後は乗り物の運転や機械の操作をしないようにと、注意事項に書かれています。この眠くなる副作用を応用して開発された薬がリポスミンやドリエルです。

仕事中に風邪薬や花粉症の薬を服用して、業務中にずっと眠気があると大変ですよね。そこで最近は眠気を抑えた第二世代抗ヒスタミン薬が開発されています。アレグラやアレジオン、ザジテンなどのアレルギー薬が代表的です。ドリエルやリポスミンは眠気の副作用が強い第一世代抗ヒスタミン類に分類されています。

リポスミンの副作用は?


リポスミンは抗ヒスタミン薬の副作用を利用したものなので、風邪薬やアレルギー薬の副作用と同じような症状があります。風薬を飲むと頭がボーっとして眠くなったり、喉が渇くことがありますよね。これが副作用です。他にも頭痛や倦怠感、発疹やかゆみ、嘔吐や食欲不振、昼間の眠気や動悸、下痢、眼圧の上昇などの症状が現れることがあります。

リポスミンを就寝前に飲んでも、日中まで眠気を持ち越す場合もあります。事故につながる恐れがあるので機械類や乗り物の運転は避けてください。アルコールと一緒に服用すると薬の作用が強く出過ぎたり、副作用が強くでる場合があるので絶対にやめてください。

症状が良くならなかったり、身体に異常を感じた場合は服用を中止してください。医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

リポスミンを飲み続けるとすぐに耐性ができる

耐性の副作用についても気を付けなくてはいけません。リポスミンをはじめとする抗ヒスタミン薬は4日~1週間で、眠気の耐性が形成されます。(アレルギーについての耐性は形成されません。)人によっては1日で耐性ができてしまい、2日目から効かない場合もあるそうです。

耐性が形成されるということは、薬の効きが弱くなったり効かなくなることです。同じ鎮痛剤を飲み続けると薬に対する耐性ができ、徐々に効き目が弱くなるのと一緒です。効き目が弱くなると、薬の系統を変えるなどで対応する必要があります。

耐性が形成された後にリポスミンを飲んでも眠気を誘発できないので意味がありません。無理に飲み続けても副作用のリスクだけが残るので、2~3回服用しても症状が良くならない場合は服用を中止してください。

リポスミンは1箱で6日分の12錠入りです。耐性ができやすいので、1箱あたりの容量が少ないのも納得ですよね。

リポスミンに依存はないの?


睡眠薬を飲み始めると、止めるのが大変だというイメージがありませんか?医師に処方してもらう睡眠薬は向精神薬(麻薬や覚せい剤と同じ分類)や習慣性医薬品(精神的依存を生じる恐れがある医薬品)に指定されているものがほとんどです。肉体的にも精神的にも依存性があり、止める場合には離脱症状が起きるケースがあります。

一方でリポスミンは睡眠薬と作用機序が違うので依存性はありません。服用しても離脱症状が起きることはありません。花粉症の薬が止められなくて、離脱症状で苦しんでいる人はいないですよね?自分のタイミングで自由に服用を止めることができます。

リポスミンの値段は1日当たり200円で、意外と高い!


リポスミンは不規則な生活による睡眠リズムの乱れや緊張・不安などが原因の、一時的な不眠の症状を緩和してくれる睡眠改善薬です。例えば翌日に会議で重要なプレゼンの発表やテストがあり、ストレスでなかなか寝付けない場合などに適している薬です。

値段は1回あたり約200円なので、そこまで高くないものの効果がないとガッカリですよね。リポスミンは処方箋医薬品の睡眠薬とは違って催眠作用がとても弱いので、効果を体感できない人も多いようです。さらに言うと、耐性ができやすいので2日目には効果が弱まってしまいます。

どうしても不眠が苦しい場合は睡眠導入剤や睡眠薬を考える必要もありますが、依存性などの副作用が怖いですよね。病院で処方してもらうので医師の診断も必要となります。そこで、いつでも手軽に入手できる睡眠サプリを試してみてはいかがでしょうか?

睡眠サプリはどんなもの?

睡眠サプリには、下記のような自然と寝付ける力を手助けしてくれる栄養成分がたっぷりと含まれています。

・睡眠を司る睡眠ホルモン「メラトニン」の材料となる必須アミノ酸のトリプトファン
・睡眠前に深部体温を下げて、自然な眠気を導いてくれるグリシン
・リラックス成分のテアニンやラクティウムなど
・クワンソウやラフマ葉、バレリアンなどの安眠効果の高いメディカルハーブ
・抗ストレス効果のギャバ

薬ではなく食べ物なので身体に優しく、依存性などの副作用のリスクはありません。睡眠サプリは私達が本来持っている「眠るための力」を引き出してくれます。薬は強制的に脳の働きをシャットダウンして眠らせようとしますが、睡眠サプリは自然と眠れるように体質を改善していくものです。

価格は1日あたり100円を切るものから300円程度まで、幅広い価格帯から選ぶこともできます。寝つきを良くしたい・疲れを取りたいなど、不眠の悩みに合わせて睡眠サプリを試してみてくださいね。

 

ドリエルとリポスミンは主成分がジフェンヒドラミン塩酸塩で、1箱あたりの容量まで一緒です。ですので、買うのであればリーズナブルなリポスミンをお勧めします。1日あたりドリエルは約330円、リポスミンで約170円です。

薬がないと眠れないのではなく、自分の力だけで眠れるように日頃から運動をしたり、夕方以降はカフェインを止めるなど、日ごろの生活を見直すことも大切ですよ。


目的別おすすめ睡眠サプリ【選び方】


睡眠の質を高めたい

寝付きが悪い

疲れが抜けない

>>クリック

>>クリック

>>クリック

安心のハーブ由来

手頃でコスパがいい

女性に優しい成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック