MENU

【危険すぎる!】睡眠時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群の原因は?

 

しっかりと夜に眠っているはずなのに、寝起きがツラくて熟睡感がない。日中は身体がだるくて眠気とあくびが止まらない。こんな症状はありませんか?これは睡眠時間の短い・長いではなく睡眠時無呼吸症候群の症状かもしれません。ご家族に最近いびきが酷いと言われたらその可能性はますます高くなります。

 

睡眠時無呼吸症候群は本人の自覚が低いため、発見が遅れがちです。気付かないまま放置しておくと、重病の合併症を引き起こすこともあるので大変危険です。先ずは睡眠時無呼吸症候群を正しく理解することから始めてみましょう。

 

 

こんな症状があれば危険!睡眠時無呼吸症候群とは?

 

睡眠時無呼吸症候群とはその名前のとおり睡眠中に呼吸が止まってしまう症状です。Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとってSAS(サス)とも呼ばれています。眠っている間に10秒以上の無呼吸を繰り返し、日中に過度の眠気を感じるなどの症状を指す疾患の総称です。

 

このような症状があれば、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。

 

寝ている間 起きたとき
いびきがうるさい 口がカラカラ渇いている
呼吸が止まる 熟睡感がない
数秒間寝息が止まった後に、大きな音を発する 頭痛がする
息苦しい 寝起きが悪い
睡眠の途中で何度も目が覚める

疲労感が残っている

 

 

寝汗がひどい
呼吸が浅くなったり遅なったりする

 

これらの症状に心当たりがあれば、自分がどんな風に寝ているのか家族の方に聞いてみてください。「いびきが大きい」、「寝ている途中で呼吸が止まっているようだ」と言われたら睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いです。次に原因について知っていきましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の2つのタイプと原因

 

睡眠時無呼吸症候群は大きく2つに分けられます。

閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)

 

呼吸をするための空気の通り道である上気道が狭くなり、スペースがなくなって呼吸が止まるタイプです。狭くなる要因は下記のとおりです。

・ 舌が大きい
・ 舌の筋肉が弛緩して気道へ落ち込む
・ 鼻中隔湾曲症
・ 扁桃肥大アデノイド
・ 肥満に伴う首回りや喉の脂肪沈着
・ 小顎症(日本人に多い)
・ 首が太くて短い
・ 気道を構成している筋肉の低下

 


 

睡眠時無呼吸症候群の約9割がこの閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)に該当します。体重が増えて太り始めてから、寝苦しく感じるようになったのであれば、睡眠時無呼吸症候群である可能性が濃厚です。

 

中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)

 

脳から呼吸指令が出なくなり、睡眠中に呼吸筋への刺激が消失して無呼吸になる症状です。睡眠時無呼吸症候群の中で数%程度です。上記に挙げた症状には異常はなく気道は開いたままです。OSAは呼吸をしようとますが、CSAは脳の指令がないので呼吸しようとせず大変危険です。

 

心不全患者などの心臓の機能が低下する症状の場合は合併する頻度が高くなり、医師による治療が必要になります。

 

重症になると

集中を必要としているときに、自分の意思に反して眠ってしまうことがあります。コントロールできない眠気が仕事中や食事中、会話中や運転中に起きるので社会生活に大きな支障をきたします。

 

命の危険まで!睡眠時無呼吸症候群が引き起こす症状とは?

 

呼吸が止まるだけでたいしたことが無いと思っていたら大間違いです。睡眠時の無呼吸による弊害は命を落とす重病を引き起こすこともあります。睡眠時無呼吸症候群は本人の自覚が低く、潜在患者は人口の2%の約256万人とも言われています。気付かずに放置していると症状が悪化して取返しのつかないことになります。

 

発症リスクが高まる

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・血管系の病気・呼吸器系,循環器系の病気・不整脈・自立神経の乱れ・低酸素血症・糖尿病

 

交通事故への影響

睡眠時無呼吸症候群の患者の事故発生率は健常な人の約7倍で、重症度が増すにつれ発生度が高くなっています。

 

自宅でできる!睡眠時無呼吸症候群を改善する3つの対策

 

軽度の気道が塞がってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプであれば、日頃の生活習慣の心がけで改善させることが可能です。病院で治療をしている場合でも効果を上げるために、下記の対策を取り入れてみましょう。

 

肥満の解消

 

肥満体型の人は睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。肥満によって喉に脂肪がつくと気道を圧迫して塞いでしまいます。特に20歳を過ぎてから肥満になった場合は、体だけでなく舌も太るので舌が喉の奥に下がり気道を狭くしてしまいます。肥満は様々な生活習慣病のリスクを高めてしまうので早めにダイエットしましょう。

 

鼻呼吸を意識する

 

睡眠時無呼吸症候群の方は普段から口呼吸をしている場合が多いです。口呼吸をするといびきをかきやすくなるので、鼻の通りを良くする鼻腔テープや口をふさぐマウステープの使用がお勧めです。鼻が詰まっていると口呼吸になってしまうので、軽い症状であれば鼻スプレーが有効です。重度の鼻詰まりの場合は耳鼻咽喉科で診療してもらいましょう。

 

口呼吸は酸素を取り込む量が少なくなる上に、免疫が落ちて睡眠時無呼吸症候群以外にも様々な病気を引き起こすと言われています。普段から鼻呼吸を意識して生活しましょう。

 

横向きで寝る

 

仰向けで寝ると重力で舌が喉の奥に落ちて、舌が上気道を塞いでしまいます。横向きで寝ると上気道の閉塞を軽減できるので、抱き枕などを利用して横向きで寝られるように工夫してください。気道を確保できる体制で睡眠しましょう。

 

病院での治療はどんな方法があるの?

 

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣の改善で自宅である程度の対策ができますが、しっかりと完治させたい場合や症状が重い場合には病院での治療が必要となります。睡眠クリニック、耳鼻咽喉科、呼吸器内科などで治療をすることができます。代表的な治療方法は3つあります。

 

マウスピース

 

軽度な症状の場合にはマウスピースを使用します。睡眠時にマウスピースを装着することによって、下あごを上あごよりも前方に突き出して固定させます。下あごを前に出すと喉の奥が広がりますよね。マウスピースで下あごを固定することによって上気道が確保し、いびきや無呼吸を防ぐことができます。口腔内装置に詳しい口腔外科や歯科で作成してもらうと良いでしょう。

 

CPAP療法

 

出典:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph101.html#m7

 

中度~重症の閉塞性睡眠時無呼吸タイプの場合は、CPAP(シーパップ)療法(経鼻的持続陽圧呼吸療)が有効です。欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。寝ている間に鼻マスクを装着し、気道へ空気を送り続けて圧力をかけ無呼吸を防いで治療していきます。CPAPの器具はレンタルや買取りで自宅での睡眠時に使用します。

 

外科手術

 

上記2つの対症療法ではなく、気道を防ぐ原因を取り除く根治療法です。睡眠時無呼吸症候群の原因がアデノイドや扁桃肥大の場合は、摘出手術が有効になります。のどや鼻、あごの骨格に問題がある場合は、広げる手術や骨格を矯正する手術があります。

 

睡眠時無呼吸症候群にならないためにできること

 

睡眠時無呼吸症候群になる人の7~8割は肥満体型の人です。ですので、先ずは体重が増えすぎないようにすることが重要です。ですが、気道やあご周りの骨格など、生まれ持った性質もあります。完全に防ぎきることは難しいですが、少しでも異常を感じたら重症化するまで放っておかず、軽症なうちから適切な治療を始めましょう。

 

筋肉を弛緩させない

 

お酒が好きな人には辛いですが、アルコールは筋肉を弛緩させて気道を狭くしてしまいます。なるべくお酒を控えるようにしましょう。睡眠薬や精神安定剤も筋肉を弛緩させてしまいます。

 

眠れないのはツラいですが、日常的に運動を取り入れて身体を疲れさせたり、規則正しい生活で体内時計を整えて自然と眠れるようにしましょう。睡眠をサポートしてくれる栄養素が配合されている睡眠サプリの摂取もおすすめです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は自覚症状が乏しく、重症化すると心循環器系の合併症をはじめとして様々な病気を引き起こし寿命を縮めてしまいます。突然死の恐れさえあります。

 

睡眠時無呼吸症候群は本来は休息であるはずの睡眠時間が、寝ている間ずっと脳や身体に大きな負担がかかっています。しっかりと治療して睡眠中に脳と身体を休ませ疲労を回復させましょう!


 

目的別おすすめ睡眠サプリ【選び方】


睡眠の質を高めたい

寝付きが悪い

疲れが抜けない

>>クリック

>>クリック

>>クリック

安心のハーブ由来

手頃でコスパがいい

女性に優しい成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック