MENU

【知らないと危険!】スリーピンの副作用と効果について徹底解説!



スリーピンは薬王製薬から販売されている睡眠改善薬です。市販されている薬なので医師の処方箋なしで、誰でも薬局で購入することができます。不眠は辛いけれど、だからといって病院に行って病院に行って睡眠薬を処方してもらうのはハードルが高いですよね。

手軽に購入することができるスリーピンですが、薬である以上は副作用などの危険性があります。ここではスリーピンの副作用や効果、睡眠薬の違いなどについてご紹介しています。


スリーピンと睡眠薬は全く別のもの?



スリーピンは薬王製薬から販売されている睡眠改善薬です。指定第2類医薬品に分類され、薬局やドラッグストアで買うことができます。日本人の5人に1人が何かしらの不眠で悩んでいると言われています。その背景から、最近のドラッグストアでは睡眠改善薬専用のコーナーがありますよね。

でも、実際のところ睡眠改善薬ってあまり聞かない名前ですよね。睡眠薬や睡眠導入剤はよく聞きますが、実はそれらと睡眠改善薬は成分も効果も異なる全く別の薬です。睡眠改善薬のスリーピンを飲んでも慢性的な不眠症には効果がありません。不眠症に有効なのは病院で処方される睡眠薬で、薬局には置いてありません。

じゃあスリーピンは何の薬なの?

スリーピンと医師の処方が必要な睡眠薬の違いを表にしてまとめてみました。

スリーピン 医師の処方が必要な睡眠薬
(BZD・非BZD系)
マイスリー・レンドルミン等
作用機序 覚醒物質ヒスタミンの作用をブロックして眠気を促す 抑制系の脳内神経物質GABAの作用を強めて眠気を誘発する
適している症状 緊張などのストレスや不規則な生活による一時的な不眠 入眠障害や中途覚醒、早期覚醒などの慢性的な不眠
主成分 ジフェンヒドラミン塩酸塩 薬によって異なる
形状 ソフトカプセル 主に錠剤
耐性 形成される 形成される
依存性 なし あり

スリーピンと一般的な睡眠薬では、眠気を促すための脳への働きかけや、主成分、適している症状、睡眠作用の強さなど全てが違います。名前は似ていますが全く違う薬です。スリーピンはストレスなどが原因の一時的な不眠に有効であって、慢性的な不眠には適していません。

スリーピンは4日~7日で耐性が形成されます。耐性が形成されると身体が薬に慣れて、薬を飲んでも効果が弱くなったり効かなくなります。毎日アルコールを飲んでいると、同じ量では次第に酔わなくなるのと一緒です。耐性ができてしまうとスリーピンを服用しても睡眠作用がなく意味がありません。

3日以上の不眠が続く場合は?

3日以上の不眠が続く場合はスリーピンの使用をやめましょう。薬が効かないのに副作用などで体調を崩しては、元も子もありません。薬剤師や登録販売者に相談してください。

スリーピンの効能は不安やストレスなどで寝つきが悪い、心配事などで夜中に目が覚めてしまう、不規則な生活で睡眠のリズムが崩れて一時的に眠れない場合の不眠症状の緩和です。一時的ではなく慢性的な不眠の場合は、医師に処方してもらう睡眠導入剤や睡眠薬が適しています。

スリーピンとドリエルの違いは?


スリーピンは1箱あたり6カプセル入り、1日に1カプセルで6日分入っています。価格はネットショップや薬局などで異なり、1,000円前後となります。1日当たり約170円になります。液状のソフトカプセルなので、有効成分がいち早く溶け出し、錠剤よりも効果が現れるのが早いのが特徴です。

スリーピンの主成分はジフェンヒドラミン塩酸塩です。このジフェンヒドラミン塩酸塩は日本で最初に販売された睡眠改善薬「ドリエル」の主成分でもあります。ドリエルが大ヒットしたことから、その後を追うように多くの製薬会社が睡眠改善薬を販売しており、スリーピンもその1つです。

主成分が1種類だけなので、ほとんど一緒の薬です。スリーピンはドリエルのジェネリック医薬品のような位置づけです。ドリエルは錠剤、スリーピンはソフトカプセルなので、添加物のゼラチンやグリセリンの含有が異なっています。

スリーピンの成分・分量


1カプセル・1回分
ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg
添加物として、ゼラチン、グリセリン、マクロゴールを含有

ジフェンヒドラミン塩酸塩の働きは?

ジフェンヒドラミン塩酸塩の働きは大きく分けて2つあります。ヒスタミンの働きを抑制することから、スリーピンは抗ヒスタミン薬に分類されています。

1. ヒスタミンの働きを抑制してくしゃみや鼻水、アレルギー症状や皮膚のかゆみを抑える
2. ヒスタミン受容体をブロックして、覚醒物質であるヒスタミンの働きを抑制し、中枢神経の活動を抑えて眠気を誘発する

ジフェンヒドラミン塩酸塩は風邪薬やアレルギーの薬にも含まれる成分です。風邪薬を飲むと眠くなったり、集中力が低下してボーっとする人が多いですよね。この風邪薬の眠気を誘う副作用を逆手にとって開発された薬がスリーピンやドリエルです。ですので、風邪薬を飲んでも眠くならない人にはスリーピンを飲んでも眠気が起きません。

余談ですが、今の風邪薬やアレルギーの薬は第二世代抗ヒスタミン薬に分類されており、眠気が抑えられています。花粉症の時期に日中までずっと眠気があると大変ですものね。スリーピンやドリエルは眠気の副作用が強い第一世代抗ヒスタミン類に分類されています。

スリーピンの副作用は?


風邪薬を飲むと鼻水が止まるのは助かるけれど、異様に喉が渇いたりしますよね。これが副作用です。スリーピンは風邪薬の成分を応用したものなので、喉の渇きなど風邪薬と同じような副作用があります。皮膚のかゆみや発疹、胃の痛みや吐き気、下痢、めまいや頭痛、日中までの眠気の持越しや動悸や息切れ、注意力の低下などがあります。

このため、服用後は車や機械類の運転操作は絶対に避けてください。事故を引き起こす可能性があります。副作用が翌日にまで残る場合もあるので十分に気を付けましょう。身体に少しでも異常を感じたら直ちに服用を止め、薬剤師や医師に相談してください。

スリーピンを飲み続けるとすぐに耐性ができる

すぐに耐性ができてしまう点も気を付けなければいけない副作用です。抗ヒスタミン薬は眠気に対して4日~1週間で耐性が形成されると報告されています。2日目から効果がなくなり、初日しか眠れなかったという人も多いそうです。2日目以降はプラシーボ偽薬と同じとさえ言われています。

耐性が形成されると副作用のリスクだけが残り、眠気が誘発されないので薬を服用しても意味がありません。無理に飲み続けるのではなく、2~3回服用しても症状が良くならない場合は服用を中止してください。スリーピンの添付文書の「使用上の注意」にもそのように書かれています。

1箱あたり6日分なので、最長でも6日以内の服用に抑えましょう。耐性が形成されやすいので、1箱あたり6カプセル入りなのも納得ですね。

スリーピンに依存はないの?


睡眠薬といえば、依存が怖いイメージがありませんか?睡眠薬がないと寝つきが悪く、布団に入っても何時間も眠れない。薬がないと不安で眠れない。薬を止めたくても怖くて手放せない。確かにある一定の睡眠薬には依存性の強いものがあり、減薬や断薬に苦しんでいる方がいるのは事実です。

ですが、スリーピンに依存性はありません。例として分かりやすいのが花粉症の薬です。花粉症のシーズンは長いので数ヶ月連続で服用しても依存で苦しんでいる人はいないですよね?服用を止めようとしても離脱症状が起きることはありません。

スリーピンの値段は1日当たり170円で、意外と高い!


スリーピンはストレスや不規則な生活による睡眠リズムの乱れが原因の、一時的な不眠症状を緩和してくれる睡眠改善薬です。価格は1日あたり170円ですので、ジュース1本よりも高いですよね。これで眠れるようになれば良いのですが、効果を感じない人も多いようです。しかも、2日目以降は耐性ができるので効果が弱まってしまいます。

元々は風邪薬の副作用を利用したものなので、医師の処方が必要な睡眠導入剤や睡眠薬に比べて催眠作用が弱くなります。風邪薬を飲んで眠くなる人は期待できますが、そうでない場合効果見込めない可能性が大です。せっかく購入しても効果がなければもったいないですよね。

スリーピンとドリエルどっちが良い?

ドリエルとスリーピンは成分もほとんど一緒ですが、スリーピンの方が価格が安いですよね。1日当たりの価格はドリエルで約330円、スリーピンで約170円です。試しに睡眠改善薬を買ってみる場合は、スリーピンで十分でしょう。

スリーピンは睡眠改善薬の中では珍しい液状のソフトカプセルです。液状の方が有効有効成分が早く胃や腸で吸収され、血液中に移行することから効き目が早いと言われています。薬を飲んでなるべく早く眠気を感じたい場合はスリーピンがお勧めです。

>>ドリエルの詳細はこちら

薬に頼らずに眠れるようになるためには?

スリーピンでは効果がなく眠れない、かといって睡眠薬は恐い。こんな場合は栄養面からのサポートを考えてはどうでしょうか?睡眠サプリには穏やかな睡眠をサポートしてくれる栄養分が豊富に含まれています。

・睡眠を司る睡眠ホルモン「メラトニン」の材料となる必須アミノ酸のトリプトファン
・睡眠前に深部体温を下げて、自然な眠気を導いてくれるグリシン
・リラックス成分のテアニンやギャバなど
・クワンソウやラフマ葉、バレリアンなどの安眠効果の高いメディカルハーブ

これらの栄養成分を気軽に摂取できるのが睡眠サプリです。薬ではなく食品なので副作用や依存の危険性はありません。睡眠サプリは食べ物やハーブの力で眠りやすい体質に改善していくものです。価格も1日100円以下~300円程度まで、予算に合わせて自由に選ぶことができます。

手軽でコスパが良い、寝つきを良くしたいなど、目的別に睡眠サプリをご紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。


 

薬に頼ることも時には必要かもしれませんが、睡眠に必要な栄養を摂取して眠れる体質に改善していくことも大切です。薬はあくまで一時しのぎの対症療法です。体質を改善して、自分の持っている力だけで眠れるようになっていきましょう。


目的別おすすめ睡眠サプリ【選び方】


睡眠の質を高めたい

寝付きが悪い

疲れが抜けない

>>クリック

>>クリック

>>クリック

安心のハーブ由来

手頃でコスパがいい

女性に優しい成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック