MENU

【知らないと危険!】ウットの副作用と効果について徹底解説!



ウットは伊丹製薬から販売されている鎮静剤です。市販されている薬なので病院に行く必要はなく、ドラッグストアで購入することができます。ウットは市販で1番多く流通しているドリエルとは違う働きで、眠気を誘う効果があります。

医師の診断なしに手軽に購入することができるウットですが、薬である以上は副作用などの危険がある点を忘れてはいけません。ここではウットの副作用や効果、睡眠薬の違いなどについてご紹介しています。


ウットと睡眠薬は全く別のもの?



ウットは伊丹製薬から販売されている鎮静剤です。指定第2類医薬品に分類されており、薬局やドラッグストアで市販されています。

ウットの主成分はプロムワレリル尿素です。このプロムワレリル尿素は鎮静催眠効果のある成分で、1915年~1960年代まで医療用の睡眠薬として使用されていました。ウットにはプロムワレリル尿素に加えて、ドリエルと同じジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれていることから、ドリエルよりも催眠効果を感じる人が多いようです。

いま主流の睡眠薬はベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系なので、実際の医療現場でプロムワレリル尿素が使用されることはもうありません。プロムワレリル尿素は依存性や常習性が高く、ベンゾジアゼピン系の方がリスクが低いからです。

医療用の睡眠薬とドリエル、ウットの違いは?

ウットと医師の処方が必要な睡眠薬の違いを表にしてまとめてみました。

ウット 医師の処方が必要な睡眠薬
(BZD・非BZD系)
マイスリー・レンドルミン等
作用機序 ・脳の興奮を鎮めて、不安や緊張をやわらげて気持ちを落ち着かせる
・覚醒物質ヒスタミンの作用をブロックして眠気を促す
抑制系の脳内神経物質GABAの作用を強めて眠気を誘発する
成分 ・ブロモバレリル尿素
・アリルイソプロピルアセチル尿素
・ジフェンヒドラミン塩酸塩
薬によって異なる
形状 錠剤 主に錠剤
耐性 形成される 形成される
依存性 あり あり

ウットはドリエルやリポスミンなどと同じ、抗ヒスタミンのジフェンヒドラミン塩酸塩も含まれています。ジフェンヒドラミン塩酸塩は覚醒物質ヒスタミンの作用をブロックして、脳の活動を抑えて眠気を誘発してくれます。ヒスタミンはかゆみやくしゃみなどのアレルギー反応を起こすと同時に、脳の覚醒維持に動いている物質です。

このジフェンヒドラミン塩酸塩は風邪薬の眠くなる副作用を利用したものなので、どうしても睡眠作用は弱くなります。そこで、ウットはさらに「ブロモバレリル尿素」と「アリルイソプロピルアセチル尿素」が配合されているので、睡眠作用が強化されています。

どの薬が最強なの?

医師の処方が必要な睡眠薬は、さらに催眠作用が強くなります。イメージとしては、ドリエル(抗ヒスタミン薬)< ウット(鎮静剤)< 睡眠薬と、催眠作用が強くなります。ドリエルでは効果がない、かといって病院に行って睡眠薬を処方してもらうのは抵抗がある場合は、ウットを試してみると良いでしょう。ウットは市販薬の中では最強クラスの催眠作用があると言われています。

ウットとは?


ウットは1箱あたり12錠入り、1日に1~3回の服用となります。日中のイライラやストレスの神経症状を緩和してくれるので、日中も服用する鎮痛剤です。寝る前だけに飲む睡眠薬とは異なりますね。1日に3回服用する場合は1箱で4日分です。

メーカー希望小売価格は1,800円(税抜き)ですが、実際のところ薬局やネットショップで1,200円程度で購入することができます。1日あたり3回の服用で300円、2回の服用で200円になります。
ウットの効能・効果は頭痛、神経興奮、神経衰弱、その他鎮静を必要とする諸症です。

ウットの成分・分量


3錠中
ブロモバレリル尿素 250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 150mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩 25mg
添加物として乳糖、トウモロコシデンプンを含有します。

ウットの3つの成分とは?


ウットにはブロモバレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素・ジフェンヒドラミン塩酸塩が配合されています。それぞれの成分の働きを詳しくみていきましょう。

ブロモバレリル尿素の働きは?

ブロモバレリル尿素は鎮静薬に分類され、脳の神経を鎮める作用があり、寝つきをよくしたり緊張感や不安、イライラを緩和してくれます。ブロモバレリル尿素は1960年代まで医療用の睡眠薬として使用されてきましたが、その危険性から「バルビツール酸系」の睡眠薬が主流となっていました。

しかしこの「バルビツール酸系」の睡眠薬も死亡の危険性や依存性が高いため、今では使用されていません。今の主流はベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

ブロモバレリル尿素の催眠剤は習慣性医薬品に指定されていることから、依存性が高く過剰服用や乱用の危険性があります。医師の処方が必要なベンゾジアゼピン系の薬も習慣性医薬品に指定されていることから、その危険性が伺えますよね。アメリカでは医薬品としては禁止されています。

ウットのように誰でも購入できる一般市販薬にブロモバレリル尿素が配合されているのは、ちょっと怖いですよね。ナロンエースなどにもに配合されています。

アリルイソプロピルアセチル尿素の働きは?

アリルイソプロピルアセチル尿素は鎮静薬に分類され、脳の興奮を抑えて興奮や緊張、イライラ感などを鎮めて精神を落ち着かせてくれます。ブロモバレリル尿素と同様に、薬物依存が起こる可能性のある鎮痛成分です。

多くの解熱鎮痛剤に使用されており、バファリンプレミアムやセデス・ハイ、イブA錠、ロキソニンSプレミアムにも配合されています。眠くなりやすい成分を含んでいない頭痛薬や解熱鎮静剤にはブロモバレリル尿素やアリルイソプロピルアセチル尿素が含まれていません。

ジフェンヒドラミン塩酸塩の働きは?

ジフェンヒドラミン塩酸塩は抗ヒスタミン成分に分類されています。鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応と脳の覚醒維持をブロックする作用があることから、ドリエルをはじめとする多くの睡眠改善薬の主成分として利用されています。ドリエルなどの睡眠改善薬はジフェンヒドラミン塩酸塩が50mgなので、ウットは半分の配合になっています。


ジフェンヒドラミン塩酸は総合感冒薬(かぜ薬)や鼻炎薬、アレルギーの薬にも含まれる成分です。風邪薬を飲んだ後に眠くなったり、集中力が途切れることがありますよね。この眠くなる副作用を応用して睡眠改善薬に利用されています。


>>ドリエルの詳細はこちら

ウットの副作用は?


ウットの副作用は皮膚の発疹やかゆみ、嘔吐や食欲不振、排尿が困難になったり、口の乾き、眠気やふらつきがあります。5~6回服用しても症状が良くならない場合は、服用を中止してください。医師や薬剤師、登録販売者に相談してください。

依存性が形成されやすい

ウットの副作用として薬物依存に気を付けなければいけません。添付文書にも「長期連用しないでください」と記載されています。

主成分のブロモバレリル尿素とアリルイソプロピルアセチル尿素の催眠剤は「習慣性医薬品」に指定されていることから、依存性が高く過剰服用の危険性があります。過去には大量摂取により死亡に至るケースも報告されています。用法用量には十分に気を付けましょう。

5~6回服用しても症状が良くならない場合は、処方が必要な睡眠薬の方が向いているかもしれません。自己判断せず、早めに睡眠外来などで医師の診断を受けてください。

ウットは催眠作用が強いけど、薬物依存が怖い


ウットは鎮痛剤ですが、その催眠作用の強さから睡眠薬として服用されている人気の市販薬です。気分を落ち着かせてリラックスさせてくれるので寝つきが良くなるんですね。ドリエルなどの市販の睡眠改善薬で効果が弱かったり、効き目を感じない場合でも、ウットだと眠れるようになる人も多いそうです。

他の睡眠改善薬に比べて効果の強いウットですが、薬物依存の危険があります。アメリカでは医薬品として禁止されているブロムワレリル尿素が主成分なので、やはり心配ですよね。ブロムワレリル尿素の血中濃度の半減期は12日と恐ろしく長く、ずっと体内で作用していることになります。

そこで、薬物依存などの副作用が一切ない睡眠サプリを試してみてはどうでしょうか?ウットのように即効性はありませんが、薬のように脳の中枢神経に直接作用せず、自らの自然な力で眠れるようにサポートしてくれるサプリメントです。

睡眠サプリはどんなもの?

睡眠サプリには様々な種類があり、質の高い睡眠と疲労回復をサポートしてくれる成分が豊富に含まれています。下記はその一例です。

・古くからヨーロッパで使用され、今でも医薬品として認められている安眠効果の高いメディカルハーブ
・睡眠を司る睡眠ホルモン「メラトニン」の材料となる必須アミノ酸のトリプトファン
・睡眠前に深部体温を下げて、自然な眠気を導いてくれるグリシン
・リラックス成分のテアニンやラクティウムなど
・疲労の回復をサポートする抗酸化成分

薬はパソコンの強制終了のように、脳を無理やりシャットダウンさせて眠らせるものです。睡眠サプリは私達が生まれながらにして持っている、自然と眠るための力を強めてくれます。睡眠薬の力を借りて眠ると睡眠の質が悪くなりますが、自然と眠りにつける場合は睡眠の質が高く、疲労も回復できます。

下記に目的別の睡眠サプリをご紹介しているので参考にしてくださいね。身体に優しい成分で眠れる体質に改善していきましょう。不眠の悩みに合わせて睡眠サプリを試してみてくださいね。


 

ウットは市販の睡眠薬の中では催眠効果が強いですが、その反面で薬物依存の危険性が高いことが特徴です。ウットを服用する場合はその危険性を十分に分かった上で服用してくださいね。


目的別おすすめ睡眠サプリ【選び方】


睡眠の質を高めたい

寝付きが悪い

疲れが抜けない

>>クリック

>>クリック

>>クリック

安心のハーブ由来

手頃でコスパがいい

女性に優しい成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック